スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

侮れない…

2014.11/12/Wed 09:41:03
ここ1年ぐらい、息子は夜、夕食もお片づけも全部終わった後、
3DSのゲームを楽しむのが日課となっています


さすが何でもパターン化しやすい息子、
お片づけが終わったら、ゲームしていいです
というルールが身につくと、それを破ることはほぼ無く。
それ以外の時間に、ゲームやりたいとダダをこねることもなく、
比較的順調にこのルールを守れています


親の言うことをまだ素直に聞ける小さなうちにはじめさせて、
ある意味よかったかも

そんな息子、ハマっているゲームにも個性が表れてます。


いわゆる“闘い”モードが含まれるものは全く興味を示しません。
闘いとまでは行かずとも、競うのがメインのものは、
やはりそこまで夢中になれないようです。
(スーパーマリオブラザーズのみ、ほんのたま〜にやってます)


一番最初にハマったのは、アンパンマンのひらがな教室
これで、文字を書くのに興味を持ち、
ひらがなカタカナを読めるようになりました。
ミニゲームでもよく遊んでいました。


去年のクリスマスに、娘がサンタさんに、
クマトモというソフトをもらいました。
(おにいちゃんだけズルい〜と暴れて息子の邪魔をするのと、
 私に対する執着がひどいため、
 私から離れてもらうためのツールとして主治医からも薦められたので、
 娘にも同時期から解禁しています)


それが息子的にツボだったようで、
「クマさんかわい〜い」と大ハマり。
娘としょっちゅう取り合いしながら遊んでました。
この時は、クマの独特な喋り方や動作がいたく気に入ったようで、
普段からこの口調でしゃべったり、仕草を真似したりするようになり、
夫がしょっちゅうイラついてたっけ


それから、6歳の誕生日に希望した、おいでよどうぶつの森
これはもともと私がハマっていて、
それを見た息子が興味を持ち、ぼくもやりたいと言い出したもの。


ルビ付きとはいえ、時に漢字も混じるような文章を読んで
進めていくゲームなので、
ちょっと息子には難し過ぎるのでは…
と思っていたのですが、そこは好きこそモノのなんとやら。
ゲームを進めたい一心で、一生懸命漢字混じりの文を読み、
おかげでかなり文章をスムーズに読めるようになりました


同じひらがなの“は”でも、“は”と読んだり“わ”と読んだりしますが、
それも自然に読み分けられるようになりました
ゲーム様様っすなぁ


そしてここ数ヶ月は、Nintendogsというのに夢中です。
リアルの動物はどーーしても苦手な息子ですが、
このソフトの中で小型犬を飼い、毎日散歩に連れて行ったり、
餌をあげたり体が汚れたら洗ってあげたりしています。


また、競技会でいい成績をおさめてお金を稼ぎ、
そのお金でグッズを買ってあげる…ということも覚えたようで。
「あっ、おかねがたりないかせがなきゃ
とか言いながら頑張っているようです。


お金を次から次へと使っていたら、すぐなくなっちゃって、
欲しいものが買えなくなる。
…ということも、なんとなく分かってきたようです。


もともと私自身、子どもが小さいうちからゲームを与えることには
抵抗があったのですが、
今は、何でも付き合い方次第だなぁ…と思っています。


周りのママ友には、
「やっぱりゆぅくんは平和主義だねぇ〜。ゆぅくんらしいわ
って言われています


関連記事

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

ゆぅの日常Comment(0)Trackback(0)
Trackback URL
http://kyoto4leafclovers.blog.fc2.com/tb.php/328-768e69c4
name
title
mail
url

[     ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。