スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

心理判定結果報告書@ゆぅ

2014.02/01/Sat 23:10:03
先日受けた、ゆぅとゆぃの発達検査の結果が今日届きました。
受けた日も近かったので、同封で送りますとは聞いていましたが、
だいたい1ヶ月ぐらいかかりますと言われてたのに、
ゆぅが受けたのは今週の火曜日。
届いたのはその4日後…


早いっ
てか、受けるごとに、結果が届くのが早くなってる気がする〜


さて、そんなわけで、まずはゆぅの結果から。


【検査結果】
平成26年1月28日  生活年齢5歳9ヶ月


姿勢・運動   発達年齢  —     発達指数 —
認知・適応       5歳10ヶ月       101
言語・社会       4歳 2ヶ月        72
総合          4歳11ヶ月        86


ということで、平均下精神発達だそうです。
前回の検査時から比べると、2歳2ヶ月の伸びが認められ、
発達のペースは順調なものの、得意・不得意の差はかなり大きいとのこと。


検査中、座位は概ね安定しており、
わからない時の意志表示も自分から出来たそうですが、
先生と視線はほとんど合わさず、表情の変化も少なかったようです。


認知・適応領域では、質問の意図を理解する力が弱く、
適切に応じられない課題もあったものの、
目で見て物事を判断・記憶することにおいては
年齢相当以上の力があるとのこと。


ただし、手指の操作は不器用で、
ビーズを紐に通すなどの作業に時間がかかるようです。


言語・社会領域では、特に能力的な偏りが大きいようです。
語彙量はあり、物の用途を言葉で説明することなども出来ますが、
やりとりがちぐはぐだったり、言いたいことを一方的に話し続けるなど、
人と相互的にやりとりする力の弱さが顕著とのこと。
また、怒りや喜びなどの表情の違いも理解出来ていないそうです。


全体として、状況判断能力や意図理解の力が弱いため、
同年齢集団の中で周囲と同じペースで活動をすることが
困難な場合が多いと思われる。
周りの人への関心が弱いので、
周囲の様子を見て適切な行動をとることも難しいが、
理解出来た指示には応じることが出来る…ということでした。


親の目から見て、この結果には納得なんですけど
(特にいちばん最後の部分…)
この状態で、療育手帳がなくなって、
小学校も下手すれば普通級スタートってのは、
かなりな無理ゲーなんじゃないかって思うんだけどなぁ…


認知・適応がうんと伸びた、とはいっても、
療育の先生の名前どころか性別すら答えられない、
左右が未だに曖昧…とか、どうなんだろうって思います。
もう6歳近いのにこの状態で、この内容で、
本当にこの数値なんだろうか…。


検査の日、先生に聞いたところによると、
やはりこの辺では、この数値だとほぼ支援級は無理で、
普通級スタートになるとのことでした。
が、
 同年齢集団の中で周囲と同じペースで活動をすることが
 困難な場合が多いと思われる。

これで普通級とか…どう考えても無理だろー


いろいろと前提が変わってきたので、
もう一度イチから、ゆぅにとって最善の道を探したいと思います。

関連記事

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

発達検査Comment(0)Trackback(0)
Trackback URL
http://kyoto4leafclovers.blog.fc2.com/tb.php/323-995ab3ef
name
title
mail
url

[     ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。