スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

新版K式発達検査4回目@ゆぅ

2014.01/28/Tue 20:12:46
先週のゆぃに引き続き、今日はゆぅの発達検査でした。
ゆぅの発達検査は、幼稚園入園前の2月末だったから、ほぼ2年ぶり。
今回のゆぅの発達検査は、

1.今行っている療育を、月2回の教室から、
 週1回の併行通園に変更する申請のため
2.療育手帳の更新

という、2つの目的で受けました。


そして、今日は初めて、親子別室での検査となりました。


先生(今日の担当は、先週のゆぃの時と同じ先生でした)に、
「ゆぅくん、お母さんにはここ(待合)で待っててもらって、
 ゆぅくん一人で先生とテスト出来るかな?」
と聞かれると、
「えっひとりなんでおかあさんは
…と若干焦りを見せたゆぅですが、
「お母さんここで待ってるから、お勉強頑張ってきてね
と声をかけると、うんと元気に返事をして、
先生と一緒に検査室へ入っていきました。


小一時間ほど、私はひとりで待合で待ってたわけですが、
いや〜落ち着かないったらありゃしない


検査が終わるまでが、すごくすごく長い時間に感じました。


で、検査が終わったあと、私も検査室に呼ばれ、
検査の結果を説明してもらいました。


ゆぅの今回の結果は、総合でDQ86(だったかな)だそうです。
初めて受けた2歳の時が79、そこから緩やかに下がり続けてきて、
もうそれほど上がることもないだろうな…と思っていたのですが、
ここにきて、療育手帳も返還という数値になりました。


4月からの併行通園の申請のために受けたのに、
併行通園も受けられないということに…。
(併行通園は療育手帳所持が前提らしいので)


そして、小学校も、支援級ではなくて
恐らく初めは普通級スタートということになるだろう、とのことでした。


親としては、もちろん喜ばしいことなのはもちろんなのですが、
いろいろと考えて心づもりしていたことが、
みるみる覆されていって、ちょっと動揺もしています
というか、なんだかにわかに信じがたくて…。


ただ、発達の凸凹については、相変わらず激しいようです。
色のついた積み木で見本と同じ模様を作るという課題では、
6歳くらいの力を見せたそうですが、
表情を読み取る問題では、2歳代後半レベルだったそう…
あと、指先を使うような課題では、
やはりぎこちなさが際立って、時間内に課題をクリア出来なかったそうです。
(時間をかければクリア出来そうではあったとか)


ゆぅは、「おべんきょう、むずかしかったよ…」と
疲れた様子を見せていました。
でも、本当にこのところ、成長したもんなぁと思います。
幼稚園と療育のお陰だなぁ。
まだまだ、年齢以上に幼さの抜けないゆぅだけど、
今のまま、ニコニコ愛嬌のあるゆぅでいてほしいな。


DQは上がったと言っても、聴覚過敏もなくならないし、
生活上の困り感はたくさんあるので、
これからもそこを親として支援していけたらなと思います。

関連記事

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

発達検査Comment(0)Trackback(0)
Trackback URL
http://kyoto4leafclovers.blog.fc2.com/tb.php/322-5a5f3443
name
title
mail
url

[     ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。