スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

新版K式発達検査2回目@ゆぃ

2014.01/21/Tue 23:42:49
今日は、午前中にゆぃの療育に行った後、
午後からゆぃの発達検査を受けてきました。


前回から1年1ヶ月ぶり。
4月の幼稚園入園に先立ち、今の状況を把握しておきたかったのと、
園に検査結果を提出して現状を知ってもらうのが今回の目的。


まだまだ、お昼ご飯を食べたら眠くなってしまい、
機嫌が悪くなって癇癪を起こしやすくなるゆぃのこと。
午前中に療育で疲れた後に、まともに検査を受けられるのか
…という不安もあったりしつつ。


今回の検査は、前回と同じ先生が担当して下さいました。
前回は、「ゆぃちゃんこんにちは」と挨拶されても、
目を合わすのがやっとで、挨拶を返すことは出来なかったゆぃですが、
今日は挨拶もきっちり出来、検査も途中で嫌になったりせずに、
最後までしっかり受けることが出来ました


見ていて思ったのですが、
今回の検査は、前と同じ新版K式にもかかわらず、
内容が結構ゆぃには難しくなっている気が…。
数字をいくつか先生が続けて言った後に復唱させたり、
「ゆぃちゃんが幼稚園に行こうとしたら、雨が降っていました。
 どうしますか?」
といった質問に口頭で答えさせたり。


こんなの、3歳10ヶ月当時のゆぅの時でもやらなかったと思う。
…てか、ゆぅはやっぱり、
そんだけ知的な遅れがゆぃより大きかったということか…


ちなみにこの質問、ゆぃの答えは
「遊べへん
でした。
…そうやね、雨降ってたら、お外遊び出来ひんもんね。
いや、聞きたいことはそこと違うねんけどな


傍で見ていた感想としては、前回よりもよく出来ていたと思います。
前は出来なかった、先生が積み木で作ったものと同じものを作る課題も
今回はラクラクこなしていたし、
むしろ全体的に、普段以上の力を発揮していたような感も(笑)


運動面も、最近出来るようになったケンケンを、
得意げに披露していました。
階段の上り下りは、少しの間だけ手すりを使わず出来ましたが、
よくコケるため怖がって、やっぱりすぐ手すりにつかまってました。
でも、これは「不安感から手すりを使いたがるが、なくても出来る」
という判定になったようです。


一通り検査が終わり、先生から今回の検査の結果を聞きました。
先生の第一声は、
「ゆぃちゃん、ものすごく成長しましたね
でした。


前回のDQが、95。
今回のDQは、なんと126だったそうです。


項目によってばらつきはあったそうなのですが、
いちばん出来なかった項目で、年齢相応だったとか。
よく出来た項目については、5歳以上に相当するものもあったそう。


ただ、数値だけ見ると優秀なんだけど、
年齢以上に出来ることが多いだけに、
年齢相応な部分が逆に劣っているように周りからは思われてしまいやすく、
「もっと出来るはずなのに
と言われてしまったり、
やる気がないと思われたりする恐れがあるそうです。


全体的に高いとはいえ、凸凹があるのは事実なので、
本人的にはしんどいことには変わりないとも。


また、検査の範囲ではない部分で、
未だに続く癇癪や偏食、最近出てきた聴覚過敏、
それに自分から他人に働きかけることが出来ないところなど、
発達障害の特性はやはりバリバリにあるようです。


ちなみに、3歳になって、30分も1時間も続く癇癪や、
毎日のように癇癪を起こすなどというのは、
やはり性格というより発達障害によるものと思われるということでした。
だいたい3歳ともなると、癇癪を起こしたとしても、
自分の中で何とか折り合いを付けることが出来て、
そこまで長引かせずにすむんだそうです。
そうなのか…ゆぃ、未だにそんな高度なワザは使えないぜ…


しかし、この数値からいくと、
発達年齢ではもう、ゆぃがゆぅを追い越してしまうのも
時間の問題なんだなぁ。
そう考えると、かなり胸中複雑ではありますね。


今回も、詳しい結果は後日文書で頂くことにしました。
届いたらじっくり読んで、ゆぃの現状をしっかり把握したいと思います。


関連記事

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

発達検査Comment(0)Trackback(0)
Trackback URL
http://kyoto4leafclovers.blog.fc2.com/tb.php/321-7f2c45f1
name
title
mail
url

[     ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。