スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

オープンスペース

2013.06/11/Tue 23:15:17
今日は、オープンスペースと呼ばれる、
育成学級(いわゆる支援級)の見学説明会に
参加してきました。


毎年この時期に、市内の小学校が
持ち回りで行うそうです。


療育仲間のママ友と一緒に申し込んだんだけど、
ゆぅが療育で3年にわたってお世話になっている、
療育の先生も参加されてました。
まずは一室に集められ、
就学相談や入学までの流れなどについての説明がありました。
うちの自治体では、
アスペルガーなどで知的に問題はない発達障害の場合は、
原則として育成学級には入れず、普通級となるそうです。


うち、ゆぅはともかくとして、
ゆぃはこのままだと普通級となりそう。
こちらも兄に負けず劣らず、
コミュニケーションや理解力に難があるというのに…
選択肢がないってことだよね…。
それもなんかモヤモヤ…。


その後、育成学級の授業を
実際に見学させていただきました。
教室の中は、いろいろと視覚支援がなされており、
これは家庭でも参考になるねーとママ友と話しました。
あっ、我が家でずいぶん重宝させてもらっている
Droplet projectさんのシンボルも使われていましたよ!


また、教室の一角には、床にマットを敷き
パネルで仕切られた狭い空間がありました。
クールダウンなどに利用されるそうです。


育成学級には数人のお子さんがおられましたが、
全員で同じ授業をしているように見えて、
実はそれぞれに異なる支援目標があり、
個人個人に合わせた授業を行っているとのこと。


育成学級の先生方は、優しいけれど毅然とした態度で、
子供が席を立ったりするとすぐに注意はするけれど、
注意されて行動を改めると、すかさず褒めていました。
子供たちは、大勢の見学者に緊張して
そわそわした様子だったけど、
イキイキと授業を受けているように見えました。


ゆぅは再来年の就学になりますが、
今のままいけば、恐らく軽度知的障害児として
入学することになるでしょう。
普通級でいくか、育成学級に入れるか、
悩ましいあたりになると思います。
年中でオープンスペースは
ちょっと早めだったかなとも思ったけど、
これからたっぷり悩む時間がある今の時期に見ておいて、
よかったかなって思います。


あとは、出来たら早めに、
入学予定の小学校の育成学級も
見学しておいた方がいいかなぁ。
関連記事
未選択Comment(0)Trackback(0)
Trackback URL
http://kyoto4leafclovers.blog.fc2.com/tb.php/291-e1aa312f
name
title
mail
url

[     ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。