スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

ゆぃ、初診〈その1〉

2013.06/06/Thu 23:29:05
今日はゆぃの、児童福祉センター小児科の初診でした。
児童精神科は2年待ちなので、こちらの小児科の方で、
発達障害についても診察やアドバイスなどをいただくことになります。
主治医の先生は、ゆぅの主治医でもあり、小児科の先生ながら
発達障害にも大変明るくて、頼りになる女性の先生です。


診察の前に、身長と体重の測定から。
その後、主治医の先生に呼ばれ、
いろんなおもちゃがたくさんある個室で診察です。


そのお部屋には、一部にプレイマットが敷いてあって、
そこに広い机と椅子が2つあり、
机の上にはシルバニアのお家が置いてありました。
ゆぃはお部屋に入るなり、机の辺りを見て、
「わぁ〜」と歓声をあげていました。
私はてっきり、大好きなシルバニアを発見して、
喜んだのだと思っていました。
が、実はゆぃが喜んだ理由は、それとは全く違ったのです。


先生が、シルバニアの人形や小物が入った箱を出してくれ、
ゆぃは椅子に座って、机の上でおとなしく遊び始めました。
その傍らで、私は先生と面談。


先生は私と話をしながら、ゆぃが遊ぶ様子を観察されてました。


語彙はとっても豊富で、2歳にしては難しい言葉も知っている。
が、やはりしゃべっている言葉の数に比べ、
言葉の理解は全く追いついていない。
また、会話もコミュニケーションというよりは一方的。
遅延エコラリアやおうむ返しもある。


対人社会性については、まず人への関心はやや少ない。
興味のある話だと、先生にも目を合わせて話すけど、
それ以外だと先生の目を見ないで話すし、全体的に無表情。
(親や祖父母や幼稚園の先生など、よく見知った人には表情豊かです)
人へ自分から働きかけることも、あまりない。
そして、とにかくマイペースで相手に合わせることをしない。


視覚からの情報にはかなり強い。
ということは、裏を返せば想像力が乏しいということ。
同じ遊びを繰り返す傾向があり、興味を持ったことにはかなり没頭する。
数は少ないが、日常の中に“ゆぃルール”が存在する。
目に見えてわかりやすいこだわりはないが、
実はこれもこだわりのひとつ…というようなものは複数見られる。


ということで、やはり
「恐らく高機能自閉症スペクトラム障害」
であろうということでした。
(小児科の先生であるため、確定診断は出来ません)
今の段階では、アスペルガーかどうかはよくわからないとのこと。


知的障害についても、
まだ2歳なので発達指数は変動が大きくはっきりとは言えないが、
一人遊びをしている様子を先生が見たところでは、
この先もおそらく知的には問題はないと思われる。
ただ、そのぶんお兄ちゃんとは違う大変さもあるでしょう、
とのことでした。


また、興味のあることには高い理解力を示すけれども、
興味のないことについては理解力が極度に弱い、
ということも言われました。


言葉による理解は難しいということがはっきりしたので、
今後はよりいっそう、
視覚支援をしっかりとしていかなければなりません。
また負担が増えるのかぁ…と、ため息をついているダメ母です


***後半へ続く***

関連記事

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

障碍Comment(0)Trackback(0)
Trackback URL
http://kyoto4leafclovers.blog.fc2.com/tb.php/286-52b165e9
name
title
mail
url

[     ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。