スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

ありがたい言葉

2013.06/05/Wed 23:12:07
今日は午後からゆぅの療育があるため、
幼稚園の帰りのバスは使わず、直接園までお迎えに行きました。


少し早めに着いたので待っていたら、
支援学校出身の先生とバッタリ。


この先生、ゆぅのような子どもたちにとって
頼れる存在であるのはもちろんですが、
そんな子どもの母にとっても、本当に頼れる存在なんです


親の辛さ、しんどさにもきちんと配慮して下さって、
夏休みや冬休みのあとなんかだと
「お母さんも大変やったでしょ、ご苦労様でした」とか、
ちゃんと母の苦労にも目を向けてくれる。

ゆぅのことで、私が疲れた顔していると、
「お母さんが頑張ってるから、ゆぅくんはすごく落ち着いてるよ」
「でも、頑張り過ぎたらあかんよ〜」
と声をかけてくれるし。


ともすれば「お母さんがもっと頑張らないと」…って
言われてしまいがちなんですが、
絶対にそんなことは仰りません


違う学年のクラスの補助に入っておられるんですが、
園の行事などで私が足を運んだときは、
必ず私を捜して来てくれて、
「ゆぅくん、今日もすごーく頑張ってたやん
と、わざわざ笑顔で言いに来てくれるんです。


その先生の笑顔だけで、これまでどれだけ癒されてきたことか…


で、今日も待っている間、その先生と立ち話をしてたわけですが。


「心配なこととかあったら、いつでも言ってきて下さいよ。
 それに、いろいろ…ね、溜まってくるでしょ
 そういうのもね、いつでも吐き出してよ。
 いつでも捕まえてくれたらいいから」
と、言って下さったのです。


そう、この先生、園生活には直接関係なくても、
母親の悩みや愚痴も積極的に聞いてくれるんです
療育仲間のママさんから、話は聞いてたけど、
うちの子はこの先生のクラスになったことないし…って
個人的に悩みなどを聞いてもらうのは、
ちょっと遠慮してたんだよね。


きっと、そういうのも察して下さったんだと思います。
プラス、“めっちゃ毒を吐きたいオーラ”を感知された?!(笑)
(最近また、精神的に爆発寸前なもんでして…


けど、話を聞いてもらえる相手がいると思うだけでも、
安心感が違うものですね。


この先生がおられる限り、私は大丈夫な気がします


さてさて…
明日はいよいよ、ゆぃの初診日。
ゆぅと同じ主治医の先生にしてもらったので、
私は少しだけ気が楽ですが。


いろいろ気がかりなこと、しっかり聞いてこようと思います
関連記事

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

ひとりごとComment(0)Trackback(0)
Trackback URL
http://kyoto4leafclovers.blog.fc2.com/tb.php/284-ab8f2534
name
title
mail
url

[     ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。