スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

また癇癪…

2010.11/22/Mon 01:34:53
お昼、歩いて片道30分ほどの老舗人形店へ、

娘の雛人形を買いに、家族全員で出掛けました。





ちなみに、お出かけの時に絶対に

歩いて出かけようとはしてくれないゆぅは、

今日も妹を差し置いて、

ベビーカーをぶんどっておりました

仕方がないので、娘は私が抱いて行きました。

ゆぅは澄ました顔で、ベビーカーに座ってるだけ…





家に帰って来て、しばらくすると、

あ~疲れた とでもいうかのように、

あっという間に昼寝(つーか、既に夕寝…)に入りました。

(どこが疲れるんじゃ~)





そして珍しく、夕食の支度を始めても、

夕食が出来上がっても、起きてきません







そのまま寝室に連れてって、寝かせちゃってもいいんだけど、

それにしたっておむつだけは替えとかなきゃだし、

おむつ替えればどうせ起きちゃうし、

そのまま寝かせても、変な時間にお腹をすかせて

起きて来る可能性も高いし…





ってんで、ダンナと相談し、起こすことに。





「ゆぅ~、晩ご飯やで~

今日はゆぅの好きなカレーやで

起きて食べよか~」





まだまだぐっすり、完全爆睡モードだったゆぅ





せっかくの爆睡を遮られ、

久しぶり(でもないか)の大爆発と相成りました…





「そっかそっか~、まだ眠いよな~

今日は疲れたもんな~。

お母さんが抱っこする?」

とりあえず落ち着かそうと、そう声をかけたら、

ボロボロ泣きながら飛びついてきました。





ひたすら抱っこ。

びっくりした娘が泣いて、抱っこを求めてくるけど、

とりあえず娘は我慢させて(ごめんよ…)抱っこ抱っこ。





30分くらい続けてたら、何とかおさまりました。

これでも、だいぶ早いほう。





たくさん抱っこされたせいか、落ち着いたゆぅは、

大好物のカレーを、あっという間に2杯平らげました





そして、迷うことなく3杯目を要求





「…さすがに、それはちょっとマズイやろ」

もちろん、他のおかずもあったのですが、

それでもカレー2杯じゃ足らない様子。

でも、さすがにそれじゃ~食べすぎです

カロリーも塩分も高いんだよ





「たくさん作ったから、明日もあるよ」

「お腹痛くなるよ、今日はこれだけね」

「ヨーグルト食べてごちそうさましよ?」

なんとか諦めさせようと、あれこれ言ってみるも、

ゆぅは全く納得せず。





あっという間に、先程の癇癪、ふっか~つ





今度は、抱っこも通用しません。

私にもダンナにも、指一本触れさせません

ハイチェアで足を踏みならし、

テーブルをバンバン叩いて、

涙ボロボロ流しながら

声も枯れんばかりにわめき散らします





絶対通報されるよ…そのうち





ヘタに相手すると、さらにヒートアップするだけなので、

しばらく放置しておくことに。





が、今度はさっきと違い、

ひたすら泣いて叫ぶ、叫ぶ、叫ぶ、叫ぶ…





だんだん声も変わってきて、

喉から血が出るんじゃないかと思うほど。





いや…こっちの方が、精神的に参ってしまいそうでした





こういうときって、どう対応するのが正解なんだろう。

ここまで泣かせるくらいなら、

食べ過ぎでも何でも、

さっさとおかわりあげちゃった方がよかったのかな?

でも、それだと、我慢の出来ない子になってしまいそうだし、

肥満にもなってしまいそう…





40分くらい、ありえない大音量で

延々泣きわめき続けてくれました…

この間、相当イラっとはしたけど、

怒鳴ったりするのは何とか抑えられたのは、

私もダンナも少しは成長したなぁ~(笑)





しかし、くたびれました





癇癪の声っていうのは、

親の精神を破壊させる力がありますね…






関連記事
ゆぅの日常Comment(4)Trackback(0)
Trackback URL
http://kyoto4leafclovers.blog.fc2.com/tb.php/28-87aa1ace

No title

こんにちは。お疲れさまです。

偏食の激しい我が子から見れば、よく食べてくれていいな、と思わなくもないです^^;

私自身勉強中の身でお話しするのはおこがましいのですが、、

癇癪で手がつけられない状態の時は周りの安全を確保した上で無視をして、目も合わせない。
泣きやんだら抱っこ。まだ泣くなら再び無視。この繰り返しです。
無視をずっと続けてて、途中で可愛そうになって泣いている時に抱っこ、というのは厳禁で。

毎日の事なので根気と冷静さが必要ですが、だんだん泣きやむ時間が短くなると思います。

よければこちらなど、ご参考に。http://bupapa.exblog.jp/i16/
79D/WHSg:ぶーパパ:URL:2010.11.22(Mon) 12:43:13:(EDIT)

No title

やっぱり、それでいいんですねっ?!
私も、基本的に癇癪の時は、
目も合わさないように放置プレイなんですが、
ダンナはそれが可哀相でたまらなくなるらしく…。
でも、これでダンナにも、はっきり言えますっ♪
アドバイスありがとうございます!!

確かに、よく食べてくれるのは助かります。
私の弟が、肉ダメ魚ダメ野菜ダメ…で
「じゃあ何なら食べるんだっっ」という子どもだったんで、
息子はその点楽だと思ってるんですが…
なにしろ食い意地がものすごくて(^^;
満腹中枢は大丈夫なのか、という心配もあります…。
79D/WHSg:未悠:URL:2010.11.24(Wed) 01:06:42:(EDIT)

No title

少し補足です。

「望ましくない行動は消去」(癇癪を無視)
「望ましい行動はご褒美で強化」(癇癪が一瞬でも止めば褒める)

このABA原則、優しいパパママほど辛いです。
そばで見ているおじいちゃんおばあちゃんも同様です。

実行する前に、旦那さんに本やインターネット検索
などの資料を見せながら、合意しておくことをお勧めします。喧嘩の原因になるので。。

参考に我が家ですが、息子がゆぅくんくらいの月齢のとき、1日2,3回日課で、大学の応援団のようなギャン泣きを毎晩していました。
現在大泣きは繊細すぎる息子の特性として相変わらずですが、ピーク時の1/10くらいだと思っています。
79D/WHSg:ぶーパパ:URL:2010.11.24(Wed) 23:54:25:(EDIT)

No title

確かに、ダンナはかなり子どもに優しいと思います。
それだけに、癇癪を起こしている我が子が可哀相で、
どうしてもほっとけないんでしょうね…。

でも、ぶーパパさんのコメントを紹介したら、
かなり納得したようです。
可哀相やけど頑張ってみる、と言っておりました。
おじいちゃんおばあちゃんは、
なかなか納得してくれなさそうですよね…(><)

うちも、いつかこの癇癪が少しずつ減っていくように、
気長に頑張っていこうと思います。

79D/WHSg:未悠:URL:2010.11.26(Fri) 02:15:17:(EDIT)
name
title
mail
url

[     ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。