スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

わたし自身

2013.02/16/Sat 23:04:43
大阪の方にお住まいの方で、

自閉症のお子さんをお持ちの方なら、

かなりの割合で、この名前をご存知なんじゃないかと思います。

松心園

第一種自閉症児施設・児童精神科とあります。





実は、私自身が、中学生の頃、

こちらの先生にお世話になっておりました。





私自身、かなり幼い頃から、

身体の使いこなしが下手、ボディイメージが弱い、

気持ちの切り替えが出来ない、

視覚からの情報にはやけに強いが耳からの情報には弱いなど、

ゆぅやゆぃと似たような特性を多々持ち合わせていました。

生きづらさも、かなり早いうちから感じていました。






まだ3歳ぐらいの頃に、

脳波の検査でてんかん波が認められたそうで、

物心つく前から服薬も毎日続けており、

大きな病院に定期的に受診していました。

その病院に、月に何度か松心園の先生が来られていたそうで、

当時の主治医が母に、私の受診を薦めたようです。





なにやら検査を受け、言われたこと。





未悠さんは、IQは非常に高いですが、

得意なことと苦手なことの差が非常に激しい。

未悠さんが根が明るい性格だから、今は何とかなっているが、

かなり今の状況は未悠さんにとって、辛いはず。






この当時、私は、発達障害なんてものも、

自閉症という言葉さえ知りませんでした。

だから、先生のこの言葉も、

何を意味するのかわかっていませんでした。

今にして思えば、これってやっぱり、

私は発達障害だということだったんでしょうね。

何かしらの。





先生は、付き添っていた母にも、

はっきりと診断名は仰りませんでした。

言っても母には受け入れられないと判断されたのかもしれません。

なにしろ、母はこの先生の言葉で、

後半の私が辛いだろうというところは見事にスルーし、





「あんた、IQはものすごく高いんだって

 ってことは、もっと頑張れば

 もっともっといい成績が取れるってことや。

 せっかくの高いIQ、活かさなもったいない」





…と舞い上がってしまって、勉強面でさらに

私のおしりを叩くハメになってしまったのですから。





まあ、そんな親ですから、

高校生になってすぐ、私が二次障害を起こし、

家庭崩壊状態が続いたのも無理はなかった…のでしょうね…





そんな私が産んだ子ですから、

息子も娘も、自閉症に生まれてきたことは、

避けられないことだったのでしょう。

その時は知らなかったこととはいえ、申し訳なく思います。





けれど、夫が言ってくれた言葉。





ゆぅやゆぃにしてみれば、家の中に、

自分らのことを誰よりも分かってくれるひとがいるって、

心強いんちゃうの。






これは、私にとって、何よりも救われた一言でした。





相変わらず、すぐ感情的になるし、

特性バリバリの「片付けられない母」だし、

いろんな面でダメダメ母だけど、

確かに発達障害の生きづらさは、多少は身をもってわかる。

それが、私の唯一の強み。





そして、そんな生きづらさを持ちながらも、

どうにか結婚して、こんなに可愛い子供を2人も授かって…

そんな母を見て、

発達障害を持ってたって、案外人生捨てたもんじゃないな

と思ってもらえたら。





私の存在意義は、そこにあるのかなーなんて思う

今日この頃なのです。







関連記事
障碍Comment(2)Trackback(0)
Trackback URL
http://kyoto4leafclovers.blog.fc2.com/tb.php/205-8fcc2555

No title

今まで色々と大変な経験をされてたんですね。
でも、ご主人からの言葉がとっても暖かくて、素敵な方だなって思いました。
未悠さん自身も、未悠さんfamilyもステキです☆
79D/WHSg:tamaママ:URL:2013.02.18(Mon) 20:46:27:(EDIT)

No title

思いっきり当事者なくせに、子供たちの対応には
活かしきれてないダメ母ですけど(汗)
ただ、少しは子供たちの困り感も実感出来る気がします。
tamaママさんfamilyこそ、素敵なご家族とお見受けしますよ☆
79D/WHSg:未悠:URL:2013.02.20(Wed) 21:50:35:(EDIT)
name
title
mail
url

[     ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。