スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

義父母にカムアウト

2013.01/30/Wed 20:36:25
前回にも書いたように、

先日の一泊帰省の際、夫は夫の両親に、

ゆぃのことについて、初めて話して来たそうです。





義父母は、ゆぅの障害を打ち明けた時は、

なかなか受け入れられず。






こんな子は昔から普通にいた

男の子だし保育園にも行ってないし、

言葉が出るのが遅いぐらい珍しくない

だいたいお前たちが神経質すぎる

最近は何かっちゃ、すぐに障害障害と決めつけて、

ろくなことがない






…etc、etc

とにかくもう、ゆぅはどこもおかしくなんかないんだと

いろいろ言ってきたものです。





かと思えば、

「自閉症を治す」とかいうインチキ臭い本を持って来たり、

もうしゃべることが一生出来ないと勝手に悲観して、

密かに手話を独学で勉強していたり。

(気持ちはありがたいのだけど、最近になっても

 それを延々と語られると、いい加減うんざりもしてきます…)





言葉があれだけはっきりと遅れていた

ゆぅの時でさえこんな感じだったので、

言葉は標準以上に出ていて、一見しゃべりがすごく達者で、

特に遅れらしき遅れも見えないようなゆぃとなると、

それ以上に受け入れられないであろうことは

想像に容易いので、

ある程度診断がつくまでは、夫の判断で、

義父母には言わないことにしていたのです。

(実はいろいろ遅れはあるんですけどね)





年末に発達検査を受け、はっきりと診断名はついていないものの、

発達障害であることは間違いないだろう、

恐らくゆぅと同じ自閉症スペクトラムだと思われると

医者から言われたことで、

この辺で話をしておこうと思ったようです。





で、結果としては、まあ、ゆぅの時のように、

受け入れられない…ということはなかったようです。





ゆぅは、義父母待望の、初めてにして唯一の男児の孫。

夫の家の姓を継いでいくのはこの子だけだと、

特に義父の思い入れが強いのです。

対してゆぃは、義父母にとって10数年ぶりに生まれた孫娘。

こちらもとても可愛がってはくれるけど、

やはり義父母からしたら、ゆぅとゆぃでは

思い入れの比重が違うみたい。





そんな背景もあってか、

そこまでいろいろ言われなかったようです。





もしくは、ゆぅと違って、

ゆぃは恐らく知的には問題がないだろうと

言われたってこともあるのかも。





…とは言っても、この先また、

じわじわ〜っと言われるのかもしれないけど





世代的に(義父母はもう80歳近い)、

障害というものに偏見が強いのは

仕方ないところもあるんだろうけど、

この先、少しずつでも

それがなくなっていってくれるといいんですけどね。





関連記事
私達を取り巻く人々Comment(2)Trackback(0)
Trackback URL
http://kyoto4leafclovers.blog.fc2.com/tb.php/188-0cffbb83

No title

カミングアウト。
やっぱり親世代は理解するの難しいかもですね。
ウチも夫両親には夫に言うように任せているのですが
まだ言ってないようですよ(^_^;)
私の両親には私が言いましたけど。

障がいは理解できなくても、子供をそのまま受け入れてくれればこちらとしては嬉しいですよね。
79D/WHSg:pinga:URL:2013.01.31(Thu) 23:10:00:(EDIT)

No title

義父からしたら、私達が病院に連れて行って
診断を受けなければ、
ゆぅは「障害児」にはならなかったのに…と
思ってるようで。
障害があっても可愛い孫とは思ってくれているのですが、
可愛い孫を障害児にしたと私のことを思っているようで
なかなかこの辺が難しいですよね…( ̄▽ ̄;)
79D/WHSg:未悠:URL:2013.02.02(Sat) 15:18:33:(EDIT)
name
title
mail
url

[     ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。