スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

頑張りました運動会♪

2012.10/06/Sat 22:44:36
今日は、ゆぅの幼稚園の運動会でした





実は運動会の2日前に、いつも通り元気に登園したものの

急に幼稚園でぐったりして、園長先生に車で家まで送って頂き、

前日も念のためにお休みしていた…という事情があって、

無事に運動会に出られるのかという心配もあったのですが、

そこは無事にクリア

元気に参加することが出来ました。






今日は通園バスが出ないので、

私・ダンナ・ゆぅ・ゆぃと4人で園に着くと、

園庭には園児席・保護者席・本部と椅子やテントなどが並べられ、

遊具はことごとく使用禁止の張り紙とロープが張ってあり、

下駄箱などの配置も少しいつもと変わってる。





それだけで、ゆぅの緊張はピークに達した模様

そこにきて、普段園にはいない私やダンナもいるし、

ゆぅはプチパニックだったのでしょう。

お友達が「ゆぅくん、おはよう」と

何度も挨拶してくれても、

顔を背けて走って逃げてしまうし、

大好きな担任や副担任の先生が声をかけてくれても、

同じように顔を背けて逃げ、遊具の陰に隠れて砂いじり。





そんな姿を見て,担任の先生は

「いつもと園の中も違うし、

 お母さん方もたくさん来てはるから、

 ゆぅくんめちゃくちゃ緊張してるんですねぇ…」と。

一見ふざけてるように見えるゆぅの態度も、

緊張から来てるということをちゃんとわかってもらえていて、

少し安心しました。





ダンナの両親も、ゆぅのために来てくれました。

他の子たちと全然違う様子に、どう思うのでしょうかね…





さて、そんな中で運動会が始まりました。

開会式のパレードは、きちんと…とはいかなかったけど、

とりあえずみんなと一緒にパレードに出て、

それなりにちょっとした踊りも出来てました。





1種目め、でんぐり返し→台を登って超える→決めポーズ

という競技(勝敗はつかない)では、

先生の補助がつきながらも、一応でんぐり返しも成功し、

ポーズまで、きちんと決めることが出来ました





2種目めのお遊戯は、

緊張なのか病み上がり?で疲れてたのか、

どこかへ姿を消したまま、全く姿を見せませんでした…





3種目めは親子競技。

親が子をカートに乗せて走るという競技でしたが、

これはお父さんと一緒に出れるのが嬉しかったのか、

ゆぅも喜んで出てました。





最後の整理体操は、初めはやはりいなかったのですが、

最後だから…と先生が探して連れて来たようで、

中に混じってしまえば、それなりにやっていました。





ついでに、ゆぃも未入園児種目のかけっこに出て、

ご褒美をGETしちゃいました





担任や園長先生の話によると、

ゆぅは、気が向いたら練習に参加する…というスタンスで、

それでも日ごとに参加出来る時間が増えてきて、

練習もそれは機嫌良くやっていたそうです。

そして、今回の運動会の当番に当たっていたママ友の話だと、

そのママ友が見る限り、いつもゆぅは練習に参加していた、と。





そして、練習に参加していなくても、

普段からお遊戯や体操など、興味無さげにしていても、

実はどこか遠くからこっそり&しっかりと見ていて、

いつの間にか頭にしっかりインプットしているゆぅ。

今回も、他の子ほど練習に参加していなかったわりには、

そこそこ踊りなどにもついていけてたのも、

逃げ回りつつも横目でこっそりと覚え込んでいた賜物でしょう…





待ち時間はやっぱりダメですねぇ〜(笑)と園長先生が言った通り、

他の学年の競技などの時は、自分の席に姿がなかったりと

待つことは相変わらず出来ないままですが、

先生の話だと、年長さんのリレーでは、

バスが同じなどで顔見知りの子が出ていると、

「がんばれーがんばれー」と声援を送ったりもしていたそう。





そして、今回何より嬉しかったのは、

ゆぅが逃げても、

めげずに挨拶を繰り返してくれるお友達がいたり、

何かの合間にクラスの子とちょっかいをかけ合って笑ってたり、

とにかくお友達と戯れている姿を何度も目に出来たこと。

療育仲間のお友達も、そうでないいわゆる健常のお友達も…





あぁ、ゆぅはひとりぼっちで孤立してるわけじゃないんだ、

お友達いっぱいとはいかなくても、

それなりによくしてくれるお友達もいて、

そしてゆぅが楽しそうに笑ってる…

それだけで、もう本当に、目頭が熱くなる思いでした。





些細なことが、こんなにも嬉しくありがたく思うなんて。

これ、ハンデのある子を育ててなきゃ、

実感出来にくいことなんじゃないかなぁ。





ダンナの両親は、他の子と同じようには出来ないゆぅを見て、

どう感じたでしょうかね。

その場では、特に責めるようなこともなく、

「よう頑張ったやないか」と

ゆぅに労いの言葉をかけていましたが。





とにかく、よく頑張ったと思います。

練習がしんどくて、もう幼稚園いかないと言ったこともある。

でも、結局幼稚園が大好きで、病気以外でお休みすることもなく、

不安定な日々をどうにか乗り切ってくれました。

すごいよ。頑張ったよ、ゆぅ。えらかったね。





この連休で、ゆっくり身も心も休めさせて、

また気分も新たに、

来週からの園生活に臨んでもらいたいものです。







関連記事
ゆぅの日常Comment(0)Trackback(0)
Trackback URL
http://kyoto4leafclovers.blog.fc2.com/tb.php/156-6ab739ac
name
title
mail
url

[     ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。